上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
やっと暖かい春が来ましたね。とにかく、バイカーとしては待ち焦がれた気温なのですが、会計士試験受験者としては、暖かくなることは、それだけテストまでの日数が短くなるという、要するにジレンマな訳です。

最近僕はある女性タレントのブログを見ました。そこには100件を超えるコメントがあり、癒されますとか、元気でましたとかの文字がありました。めっちゃすごいですよね、ただブログを書くだけでこんな多くの人を幸せにできるってのは。

人間のアウトプットってのは、どんなことでもその人間が少なからずは出る。例えば、声のアウトプット、要するに発言、又振る舞いなど。最近は振る舞いなどを見ただけで、少しはその人がどんな人かわかるようになってきました。人間どっかでボロがでますからね、すごい人はそこを見逃さないのでしょう。

振る舞いだけではない。芸術、分かりやすく言えば、作品ー生産物ーアウトプットにもその人間が色濃く反映される。心が清らかな人の撮った写真は、無意識のうちに人を感動させるのである。なんで関係あるのだろうか?

おそらく、インプットをアウトプットに変換する時、人間性が多いに関係してくるのだろうと思う。写真理論にしても、ギターに弾き方にしても、王道という技法がある。皆それをインプットしているのに、アウトプットに大きな差が生まれるのは、変換作業のせいなんだろう。それを個性という言葉で片付けて、美化してしまうのはなんとももったいない。自分の可能性を無意識に狭めているのだから。

人間はめっちゃすごい生き物やと思う。後からいくらでも付け足すことができるし、要らないものを捨て去ることもできる。要するに自由に自分をカスタマイズできるのだ。人間特有の努力によってなりたい自分になることができる、そして僕もなってきた。まだまだ道は険しいけど、理想の自分に近づいてきたことをひしひしと感じる。

喜怒哀楽でゆうたら、今は喜しかないかもしれない。愚痴は特にでないし、妙に悲観的になることもないし、会計士の勉強忙しすぎて楽できへんし。ただ今のこの状態を維持し高めることが一番難しい。いつ好景気が後退するかは分からない。だからこそ、物事がうまくいっている時こそ、最も警戒すべきときかもしれない。


おちまい
スポンサーサイト

2009.02.14 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。