上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
オヤジは最後まで凄かった。面を見れば分かる。ほんまに成仏の姿といったらいいのであろうか、きれいな姿をしていた。一切の後悔もない澄んだ面持ちであった。僕は生き切ったオヤジに感動を覚えた。

嘆いてもしょうがない。泣いてもしょうがない。そんなことをしてもオヤジは生き返りはしないのだから。今僕に向かって課せられたことは、将来に向かって勝つことしかない。どんなことがあろうとも前に進み続けるしかない。それをオヤジは望んでいるはずだ。

よく分からんけど、妙な自信が生まれて来た。普通、困難は身の丈にあったものしか来ない。なぜなら、実力が無い者に対して、ヘコませようとする反抗勢力は興味がないからである。とすると、僕も少しは反抗勢力から見向きもされて来たのかな、と思う。少しは実力がついたんだ。

さて、明日は様々な人を迎えることになるから、そろそろ寝ます。お休みなさい。

おちまい


スポンサーサイト

2010.01.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。