上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
29日目、10/11(月)。

メーター 41,525km
横浜より8,483km

初めての沖縄ツーリング。未だ足を踏み入れた事の無い沖縄に、いきなりバイクで上陸するというリッチなことをしでかします。

7:00すぎに出発。今日は無料沖縄自動車道を使って、ポイントを押さえて行きたい。

まずは海中道路がきれいな伊計島へ。きれいな海をバックにひたすら写真撮影に明け暮れます。もう、構図を考えるのが楽しくて、ファインダーを覗いては写真を撮るひととき。良い景色は写真撮影を面白くしますね。



伊計島の後、どんどん北上。途中から徐々に景色が変わっていくなと思ったら、マングローブを見る事ができました。そこでは、カヤックに乗っとる親子や島唄を弾くウクレレ奏者、ハーレー乗りの外人たちと出会う。各々が楽しいホリデーを過ごしとる姿に笑顔がこぼれます。




さらに北上すると、海沿いの景色はなくなり、ひたすら森の中を突っ切る道になりました。ここらへんをヤンバルというそうです。



豊かな自然のヤンバルでは、道の駅でおっちゃんたち数名に取り囲まれ談笑。沖縄ナンバーしかいないなかで、横浜ナンバーは珍しいようです。日本一周をしていると伝えると、ありったけのお菓子の激励を頂きました。ほんまに親切な方達で今でも忘れられない出会いです。まぁ、その後売店のおばちゃんに、鬼気迫る声で「帰ったらヤンバルを宣伝しなさい!!!」とせがまれたのも良い思い出です。

素晴らしい出会いの後は海中道路で繋がっている古宇利島を攻め、ビキニ姿のギャルを遠目から眺めます。なんとリア充なことでしょう。



そろそろ日も沈みかけようとした頃に遅い昼食です。沖縄そば「きしもと食堂」。三枚肉が美味すぎる!!



空腹を満たした所で日没前、有名な美ら海水族館が近くにあるとのことで行ってみましたが、これが大失敗でした。まず、男一人で行ったのがまずかった。周りがカップルだらけの中、男一人で魚をカメラに収めるのは何とも寂しい。悲しすぎます。男一人の水族館は身の毛がよだつほど切なかったです。とどめをさすように、出口付近でカップルがキスしとる所を見てしまいましたが、僕の心は完全に折れました。ブロークンハート!!

水族館ってのは、魚を通してカップルが愛を育む場所であって、少なくとも男1人で行く場所やないねんな、と深く反省です。



こうして、完敗を喫したキャサリンは、すぐさま宿に逃げ去るのでした。

本日のキャサリン
走行距離 367km
名刺配布 2枚
一生語れるネタ 男一人の水族館
スポンサーサイト

2010.11.15 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。